2019年4月16日

水商売もいろいろ。始める前に知っておきたい 水商売の種類と時給と仕事内容

 女の子の高収入ワークと言ったら、まず水商売を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。一言で水商売と言っても、実はいろんな種類の職種があって、それぞれにお給料や働き方が違っています。テレビドラマや映画などで見聞きした水商売のイメージで、この業界のお仕事を始めてしまうと、「あれ? 思ってた仕事と違う!」とか「えぇ~っ。なんでこんなことしなくちゃいけないの???」なんてことにもなりかねません。時給だけに目奪われて応募しちゃうと、続かなかったりすることもあるので、どんな職種があるのか、どんな仕事をするのかなど、体入前にある程度の知識頭に入れておきましょう!

夜のお仕事のことなんで水商売っていうの?

 ラウンジ、スナック、キャバクラなど、夜のお仕事や飲食店のことを一般的に水商売と言いますが、なんで水商売っていうか知ってますか? 「お水を使うからー」って思ってたりしませんか? そもそも水商売とは、浮き沈みのある、不安定な仕事のこと全般を指していて、接待飲食業だけでなく、芸能界の仕事やスポーツ選手など、収入が人気や景気に左右される職業すべてを水商売と呼んでいました。 最近では、水商売いうとどうしても夜のお仕事というイメージが強いようで、一般的に、夜の接待飲食業、いわゆるキャバクラやラウンジなどのことを指して水商売というようです。

水商売ってどれくらい種類があるの?

 水商売、いわゆる夜のお仕事には今やたくさんのジャンルが存在しています。仕事内容や時給などで大まかに分類すると下記の通りです。

●「高級クラブ」
●「キャバクラ」
●「ラウンジ」
●「朝キャバ・昼キャバ」
●「ニュークラブ」
●「スナック」
●「ガールズバー」
●「パブ」

 「高級クラブ」「ニュークラブ」「ラウンジ」「キャバクラ」「ラウンジ」などは、一般的にみなさんが想像されている水商売のイメージだと思います。お仕事の内容で言えば、キャバ嬢とかホステスとか呼ばれる女の子たちが、お客さんの隣に座って接客をします。出勤前にはヘアセットとメイクをしてドレスを着てお店に出ます。
 「朝キャバ昼キャバ」は「キャバクラ」と仕事内容は変わりませんが営業時間が朝や昼間であるというところが大きな違いで、明るい時間に働けて時給は通常のキャバクラに近いので、ココ最近女の子たちにかなり人気です。
 「スナック」「ガールズバー」は、カウンター越しにお客様にお酒を出すお店が多いです。お客さんとの適度な距離感があるので、水商売初心者にとっては始めやすいと思います。
時給に関して言えば、高級クラブやキャバクラなどより低くなりますが、一般的な飲食店(カフェや居酒屋)などの時給に比べるとはるかに高時給です。
 「パブ」に関してはいろんな携帯のお店があり、スナックのようなカウンター越しにサービスをするお店もあれば、ショーパブのような、ダンスやショーをメインに展開するお店もあったり、外国人専門のお店もあったりします。注意が必要なのは、風俗店なのに店名に「PUB」がついていることがあります。求人応募をする際は業種をしっかりチェックしましょう。

どんなお仕事が時給が高いの?

 お給料でいうと、「高級クラブ」が一番高いです。高級クラブは銀座や六本木などの富裕層エリアにあり、来店されるお客様も社会的地位の高い方が多く来店しますし、働いている女の子たちもワンランク上。誰でも気軽に働けると行った感じのお店ではありません。お給料は日給制で、顧客をたくさん持つことで、収入はどんどん上がっていきます。
 次いで時給が高いのは「ニュークラブ」。キャバクラの高級バージョンといった感じでしょうか。お仕事内容はキャバクラとほとんど変わりませんが、落ち着いた雰囲気のお店が多くキャバクラよりも設定金額が高めのため、女の子の時給もキャバクラより高いところが多いです。そのため、ヘアメイクや服装などはきちんとしたものを求められます。客層もいいので接客マナーなどきちんと学びたい女の子にはオススメの業種です。
 次に時給がいいのは「キャバクラ」「ラウンジ」「朝・昼キャバ」です。お店にもよりますが、2,000円~5,000円ぐらいの時給で、指名や同伴のバックがあるところがほとんどです。お店によってはメイクや衣装代を引かれるところもあるので、入店前に要チェックです。
 「パブ」「スナック」「ガールバー」はこれらの中では安い方になりますが、一般的な飲食業の時給に比べると1.5倍くらいの時給になるので、こちらも人気のバイトです。

仕事内容はどう違うの?

 これから水商売業界で仕事を始めようとしてる人にとって気になるのが、お店の種類によってどうお仕事内容が違うのかというところでしょう。 水商売の基本的なお仕事は
●お客さんにお酒を作って出す。
●お客さんとおしゃべりをする。
●周りをみて必要なもの(おしぼりや灰皿)を出したり交換したりする
●お客さんをお見送りする

これらの内容は、高級クラブであろうがスナックであろうが共通のお仕事内容です。
 でも、業種によってお給料に差があるのはなぜでしょうか? それは上記のお仕事とは別のところで細かい違いがあるからです。
 例えば、高級クラブなどのお仕事はお客様の隣に座って接客をします。そして、指名をされたお客さんはその女の子の顧客となるので、支払い請求やツケの取り立て、お客さんへの営業などもすべて自分でしなければなりません。顧客をもたないヘルプのホステスさんもいますが、顧客をもつレギュラーホステスさんに比べると収入は低くなります。
 キャバクラなども高級クラブと同じく、お客様の隣に座って接客をしなければなりませんので、カウンター越しに接客をするガールズバーやスナックなどに比べると時給は高くなるわけです。また指名は同伴といったオプションのバックがある店がほとんどなので、頑張り次第では時給にプラスアルファーの歩合が加算されます。しかし、ガールズバーやスナックなどには報酬バックの制度がないところが多いので、そのあたりでもトータルの収入の差はでてきてしまうのです。

どの業種で働けばいいの? 種類が多くて迷ってしまう。

 こういった水商売系のお仕事にチャレンジしようとしている水商売初心者の女の子にとって、お店選びってけっこう難しいと思います。そもそも夜の世界で働くのっていろんな意味でコワイですよね。いかがわしいお店だったらどうしよう…。とか、お酒のんだことないんだけどできるのかしら…。など不安もいっぱいだと思います。軽い気持ちで始めてしまって思っていたイメージと違う…ってなって辞めてしまう女の子も少なくありません。まずは、面接の際に相談してみるといいと思います。面接担当のスタッフは慣れていますので、面接での会話の中であなたがどんなお店に向いているか判断して、応募したお店とは別のお店を紹介してくれたりすることもあります。
 ひとりで迷っていても、いつまでも始められないので、高収入バイトに興味がある方は、まず問い合わせだけでもいいのでしてみてください。

体験入店で自分にあった店を探そう

 しかし、現在は、ある1つのお店の求人に応募しすぐ働くのではなく、まず、働きたいお店を選んで「体験入店」ができます。体験入店、、、聞いたことない人も多いかもしれませんが、体験入店とは、実際に興味のあるお店で働いてみて、お店の雰囲気や客層などを見極めてから働くかどうか決められるシステムのことです。大体1日体験入店が多いのですが、実際にお客様の隣に座って接客をします。もちろん、お店側もあなたの仕事ぶりをみて採用するかどうか見ています。
 体験とはいえ、やったことないのにいきなりお店に放り出せされて仕事しろといわれてもできるわけないじゃん!って思っている方もいるかもしれませんが、それは心配いりません。もちろん初心者の方には体入の前にお客様へのお酒の作り方や接客の流れなどきちんと指導してくれるスタッフがいるはずですので、肩肘はらずにリラックスしてお仕事すれば大丈夫です。もちろんしっかりお店を見極めることを忘れないように!
 体入は1店舗だけでなく気に入る店舗がみつかるまでできるはずですので、しっかり吟味して自分にあったお店を見つけることが長続きするポイントです。

まとめ

 とてもざっくりと水商売のお仕事の種類についてご紹介してきました。これから高収入バイトにチャレンジしたい!と思っている方、ぜひ参考にしてください。各職種の詳しい説明は本サイト『JOB SEEK』の「業種辞典」のページに掲載していますのでご参照ください。今後も、高収入ガールズワークに興味のある女の子たちのために、もっと役に立つ、参考になるような情報を届けていきまますので楽しみにしておいてください。

派遣登録をご希望ならこちらをクリック
▼ ▼ ▼